バイエルン銀貨情報館へようこそ!

バイエルン銀貨情報館へようこそ!バイエルン銀貨情報館ではルートヴィヒ1世やルートヴィヒ2世のアンティークコイン(金貨や銀貨)を中心に情報を発信させて頂いております。

ルートヴィヒ1世

バイエルン王ルートヴィヒ1世(Ludwig I)は、先王マクシミリアン1世の長子でバイエルン王国の第2代国王です。フランス王ルイ16世が名付け親を務めており、王の名を取ってルイ(Louis: ドイツ語でルートヴィヒ Ludwig)と命名されました。

ルートヴィヒ1世の貨幣発行は芸術を愛した王のものだけに大変美しい作品が多くコレクターも多いです。38種の記念ターラー(ターレル)銀貨2ターラー銀貨はどれも重厚な見事な意匠のコインとなっています。また、都市景観を描いたダカット金貨も複数枚発行されておりその希少性から高額で取引されています。

ルートヴィヒ2世

ノイシュヴァンシュタイン城
(wikiより引用)
ルートヴィヒ2世 (Ludwig II)は、ルートヴィヒ1世の孫で第4代バイエルン国王です。神話に魅了され長じては建築と音楽に破滅的浪費を繰り返した「狂王」の異名で知られます。ノイシュヴァンシュタイン城バイロイト祝祭劇場を残した事でも有名です。彼は若い頃は美貌に恵まれ、その美しい肖像が描かれたコインは現在でも人気があります。貨幣としてはターラー銀貨や5マルク銀貨、20マルク金貨等があり、その中でもプルーフ10マルク金貨やプルーフ20マルク金貨は高額で取引されています。

バイエルン銀貨情報館

バイエルン銀貨情報館はバイエルン王ルートヴィヒ1世と2世のアンティークコインを中心に記事を作成させて頂いております。当サイトがアンティークコイン投資やアンティークコインコレクションの参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク